2010年03月27日

摂食障害の受刑者死亡=過失致死視野に捜査−京都地検(時事通信)

 京都刑務所(京都市山科区)で今月17日、摂食障害と診断された30代の男性受刑者が死亡し、刑務所の治療に問題があった可能性があるとして、京都地検が業務上過失致死での立件を視野に捜査していることが24日、分かった。
 刑務所によると、受刑者は昨年6月に入所、今年2月に摂食障害の診断を受けて病棟に収容された。医師が栄養剤を投与するなど治療していたが、今月17日、意識不明の状態で発見され、外部の病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 地検によると、男性は体重が30キロ台になるまで衰弱しており、刑務所が外部の病院に診せるなど適切な治療を怠った可能性があるとみて捜査している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突
女性受刑者4人を傷害で書類送検=同室者に集団暴行
カテーテルに空気混入=入院患者が死亡
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い

<iPS細胞>疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍(毎日新聞)
<台風1号>フィリピン東海上で発生(毎日新聞)
<横田基地>初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
用地費削除の修正案提示へ=築地市場移転予算で−都議会民主(時事通信)
posted by サガラ カズトク at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。