2010年03月29日

満額支給、修正を示唆=子ども手当、給食費にも−仙谷戦略相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は28日、NHK番組に出演し、2011年度からの子ども手当の満額(1人当たり月額2万6000円)支給に関連し、財源が確保できた場合でも一部は学校給食費や保育所整備などに充当する考えを表明した。
 仙谷氏は「市町村からは学校費、給食費、保育産業を伸ばすために使うべきだとの議論もあり、満額になるときに考えた方がいい」と述べ、全額を現金給付することには否定的な考えを示した。 

【関連ニュース】
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ
保育所経営の女、書類送検へ=乳児死亡で業過容疑
市立小給食から縫い針=京都・城陽
避難住民「すごく怖い」=50年前思い出す

<強風>壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)
自民中堅・若手が谷垣総裁に「執行部刷新」を直談判(産経新聞)
センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
<子供用アクセサリー>中国、韓国から輸入の9点に鉛(毎日新聞)
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)
posted by サガラ カズトク at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

摂食障害の受刑者死亡=過失致死視野に捜査−京都地検(時事通信)

 京都刑務所(京都市山科区)で今月17日、摂食障害と診断された30代の男性受刑者が死亡し、刑務所の治療に問題があった可能性があるとして、京都地検が業務上過失致死での立件を視野に捜査していることが24日、分かった。
 刑務所によると、受刑者は昨年6月に入所、今年2月に摂食障害の診断を受けて病棟に収容された。医師が栄養剤を投与するなど治療していたが、今月17日、意識不明の状態で発見され、外部の病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 地検によると、男性は体重が30キロ台になるまで衰弱しており、刑務所が外部の病院に診せるなど適切な治療を怠った可能性があるとみて捜査している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突
女性受刑者4人を傷害で書類送検=同室者に集団暴行
カテーテルに空気混入=入院患者が死亡
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い

<iPS細胞>疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍(毎日新聞)
<台風1号>フィリピン東海上で発生(毎日新聞)
<横田基地>初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
用地費削除の修正案提示へ=築地市場移転予算で−都議会民主(時事通信)
posted by サガラ カズトク at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。